朝日新聞 投書
【どうかんがえたら 新幹線の三景】 無職 河村 吏 (静岡市葵区 63)
 暮れの新幹線。相当の混雑なので指定車両に移ってみた。ここも満席だったが、
ふと見ると、座席に小さなバスケットが置いてあり中に小犬。隣に若い女性が座っていた。
早速「ここ空いてますか」と尋ねてみた。すると、その女性は、「指定席券を買ってあります」と答えた。
私は虚を突かれた思いがした。
 改めて車内を見渡すと、多くの立っている大人の中、母親の隣で3歳ぐらいの男の子が座っている座席もある。
あれも指定切符を買ってあるのだろう。
 仕方なくいっぱいの自由席に戻ると、ここにも学童前と思われる子が親の隣に座っていた。
懲りもせずにまた「ここ空いてますか」と尋ねると、母親は仕方なさそうに子どもをひざの上に乗せ、
席を空けた。私はその座席で居心地の悪さを感じながら、
この新幹線の中での三景をどう考えたらいいのか自問した。


権利の主張らしい。混んでるなかでも、自分さえよければいい。買ったのだから譲る必要はない。とな。
今日会った知人も、老人が目の前に立ってるのに誰も譲ろうとしない、イライラしながら電車乗ってた、と言っていた。
うーん。うーん。
混んでる年末年始、人を立たせて犬の篭置いておいたら顰蹙かなぁ、とは考えないのだな。
その女性にとっては家族だから、他人の老人より大切だし尊いのだね。年末に指定席を買わずに列車に乗る老人は犬以下ってことなのね。あーあー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください