初めてご一緒するキャスト

キャストについて。多少触れておきます。
初めてご一緒するのが、馬場輝、鈴木太二、羽飼まり、の三人。いや、なんとかなるかなぁって思える人たち。
で、オーディション経由でありながら、もっと元を辿ると僕が20代の頃の思い出に遡る。とても興味深いキャスティングになりました。とさ。
22歳の時に三越劇場の「十二夜」に出演した時、それに出てらした内田聡明サンと数年前に再会し(小清水亜美ちゃんの芝居を見に行ったら出演してたので楽屋で挨拶させて貰った)、その内田さんに「今度、こういうオーディションあるんでどなたか若手いたら紹介してくらはい」とお願いしてみたのであります。どうやら、そこから情報を知って名乗りを上げて下さったらしくご縁となりました。
羽飼さんは、僕と高田さんの共通の知人で俳優で演出家の伊沢弘さん経由のご紹介。伊沢さんに東京アナウンス学院で会ったら紹介して下さったのであります。でね、伊沢さんは、僕が25歳ぐらいの時にテレビのバラエティ番組に出演していたんだけど、僕が出る前にその番組で長く出てらしたのが伊沢さん。番組ではすれ違いさえもしていないけれど、その後「あいうえ落ち葉の、」という芝居でご一緒して事実を知り驚いた記憶がある。
結果、この三人を迎えるに至ったのは、やはり「アトリエ」におけるルールかもしれない。
あ。この辺りはまた今度書きますけど。多分そういうことだと思う。ような気がする。
ともあれ来てね↓


「チェーン」作演出・宮川賢
2015年5月21日(木)~25日(月)
開演=21日(木)19:30
22日(金)19:30
23日(土)19:30
24日(日)13:00/17:00
25日(月)19:30
料金=3,000円(税込)
前売=ビタみせ(v-mise.com)
会場=大塚レ・サマースタジオ
豊島区北大塚3の25の16伊納ビルB1(tel.03-3916-2430)
問合せ=03-3916-2430(ORS)
出演=高田裕司鈴木太二森下和羽飼まり馬場輝山梨谷梨宮川賢
粗筋=マキシマ(馬場輝)は担当したプロジェクトが大赤字で終わったことを社内で隠蔽しようと工作していたが、良心の呵責に苛まれ上司に正直に告白した。しかし運が悪かったのは上司イマムラ(高田裕司)が根っからの悪党だったことだ。イマムラはそれに便乗し、その隠蔽工作を利用して私腹を肥やすことを考え始める。だがそれを知ったイマムラの情婦ミユキ(羽飼まり)は、かねてから抱えている問題を一瞬にして解決出来る可能性をそこに見いだす。思惑が思惑を呼び、それらが数珠繋ぎになった末に見えてくるものは……?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください