3月は二週連続で公演です。

<2演目を2週連続公演>

「(1+1)×2」

劇団ビタミン大使「ABC」アトリエ公演
(1+1)×2
作演出=宮川賢
出演=奈良俊介、地脇慎也、山梨谷梨、宮川賢(ほぼ声)

詳しくは固定頁をご覧下さい。

2018年3月23日(金)~25日(日)
大塚レ・サマースタジオ(豊島区北大塚3-25-16)

前売チケットはビタ店(http://v-mise.com)にて好評発売中!

ペンタと私

浜岡プロデュース▲石川よしひろそろそろソロACT
「ペンタと私」
作演出=宮川賢
出演・主題歌作曲歌唱=石川よしひろ

2018年3月30日(金)~4月1日(日)
会場=大塚レ・サマースタジオ(豊島区北大塚3-25-16)
開演=30日(金)19:30/31日(土)13:00/4月1日(日)13:00と19:30
料金=4000円(税込)

劇団を作ったばかりの頃に宮川と出会った石川よしひろサン。二人は当時ラジオ番組で一緒に仕事をしていました。付き合いも猛烈に長く、お互いを知り尽くしている関係性は、家族や兄弟を越えた不思議な絆。仲良しを越えた奇妙な間柄です。そして、その知り尽くした石川よしひろサンが「宮川さん、俺、一人芝居やってみたいんだけど」って言い出したのはかれこれ5年前。「おっ、いいですねぇ」なんて言っていたものの、お互いの仕事が忙しくなかなか実現が具体化しませんでした。待てよ。あっという間にどんどん時は過ぎてしまう。石川さんも50歳になったらしい。ということでいえば、50歳になって、改めて「メジャー再デビュー」したらしい(すげー)。そんな勢いのまま「ほんじゃ、やってしまいましょうよ!」てな具合で劇団のアトリエ公演と連発になりました。

芝居を書いている時は本当に楽しい。これは書いてる人間じゃないと解らないと思います。パソコンを立ち上げるって事は、あの登場人物にまた会える! 今日はどんなことをやらかすんだろう?!ってわくわくドキドキです。恋愛のようです。今回もそうでした。ペンタと私も、(1+1)×2も、書き上がった時の達成感よりも喪失感の方が大きく「ああ、また書き上がっちゃった」とガッカリしました。でも演出としての自分がまた更なる魅力ある空間に育ててくれることでしょう。何しろ、我らが奈良俊介さんがいるしね。今回は地脇も出るしね。宮川も出るしね。山梨には変な小道具製作を「やっておけよ」と頼んでおいたしね。きっと二週続けて楽しい夢のようなものになるだろう。

信じてやまないっす。前売チケットはビタ店で好評発売中! ORSでの公演は、チケット発送しませんが、お振り込み頂いて当日受付にてお名前を言って頂いてご入場になります。



ペンタと私は、ペンタとペンタを取り巻く登場人物を全て石川さんが演じます。登場しないけど声だけ出てくる役は色んな人が声で出演します。宮川賢とか。ペンタの生き方を軽いタッチでリアルとデフォルメの間でぐにゃんぐにゃんと描きます。ご期待下さい。

(1+1)×2は、ORSを構えた時点でやりたかった作品。暖めてきた作品。男だけで閉鎖的な環境での物語。暗いのにポップに。スリリングなのにお馬鹿に。そんな世界観はちゃんと詰め込めたと思います。稽古での奈良俊介さんが今から楽しみ。そして山梨も。地脇も。あ、ほぼ声なのだけど、出演する宮川賢も。宮川はこれまでで一番いい役かもしれない(と書き終えた時に思った)。

是非、二週続けてお越し下さいませませ。お待ちしております。

投稿者: 宮川賢

宮川賢と申します。人は権力を持つとどうして威張り出すのかは未だ理解出来ないす。威張れる立場にあるから威張るのだとは思うけど、それを喜べるのはさもしいよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください