稽古場での山梨谷梨


本日は「ペンタと私」の稽古をしてから「(1+1)×2」の稽古です。休憩中に台本をさらう劇団員の山梨谷梨は、なにやらうまい棒に囲まれていないと台詞が入らないのか、なぜか胸ポケットにうまい棒を入れて、手では複数のうまい棒を掴み、眼鏡にもうまい棒をのせていた。これで台詞が覚えられるならば、やはり「よしなさいっ!」とやめさせるのは我慢しておこう。山梨。不思議な生き物だ。

劇団ビタミン大使「ABC」アトリエ公演
(1+1)×2
作演出=宮川賢
出演=奈良俊介、地脇慎也、山梨谷梨、宮川賢(ほぼ声)

とある研究を秘密裏に進めていた秋戸ケイレブ(奈良俊介)の元にマシュー(宮川賢)からレターが届いた。廃工場に指定の時間に来いと。行くととある青年の家庭教師をして欲しいと頼まれる。内容と知られている事柄の内容を考えると断ることが出来ない。秋戸ケイレブと同じくかつて共に研究をしていたクオン・ハジュン(地脇慎也)も家庭教師を依頼された。しかし、二人は会話をしてはならず、進捗をわかり合えることが叶わなかった。なぜ会話をしてはならないのか。マシューの真の狙いは何か? 廃工場の地下室で繰り広げられる密室劇。


再演の予定はありません。ぜひご来場下さいませませーんっ!
ビタ店にて好評前売り中!(http://v-mise.com)

投稿者: 宮川賢

宮川賢と申します。人は権力を持つとどうして威張り出すのかは未だ理解出来ないす。威張れる立場にあるから威張るのだとは思うけど、それを喜べるのはさもしいよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.