「小さな声のおともだち」終了

無事に千穐楽の幕を下ろし(緞帳ないけど)、
平和に打ち上げを終えました。

ドS演出

やはり、ドSなんだなぁと思うと同時に、ドMでもある自分を常々確認。アトリエ公演って、見る側も演る側も緊張するし、それを追求してくてやっている部分があり。勿論空間を作り上げるのは広い方がいいけど、役者の緊張感は狭い小屋の方が圧倒的。怖さもね。70分の作品なのに5人の出演者となると、なんともピリピリした個人負担の大きさよ。それを作るし、出るし、やって貰うし、という自分はつくづくSでMなんだなぁと(まぁ、そういう片付け方が相応しいかは別にして)。

片付けは明日に

今回は終えて打ち上げして、バラシと後片付けは明日にすることに前以て予定していたので、まったりお喋りして女優さんたちの知らなくてもいい情報を得たり失ったりしてました(笑)。まぁ、女子ですよね、女優もね(当たり前)。
そして、これまた恒例になりつつある(決してそれが好ましいとは言わない)、芝居で忙しい時の「簡易恋愛プログラム宮川賢のデートの時間でそ?!」の「わがままクイズ二択deデート」の出題部分に舞台に出演してる女優が登場するというパターン。忙しいから、他の役者をブッキングする手間を略したくて、また、ほぼ毎日一緒に稽古している女優に稽古のついでに大塚で録音して貰ってそのまますます(自分の他のスケジュールを入れずにすむ)というやり方で今回も、終演後に、二人の女優に録音して貰いました。近々登場。これまたお楽しみに。なかには「なんだかなぁ」なんて事もあるけれど(汗)。

ご来場ありがとうございます

ともあれご来場頂きましてありがとうございました。お越し頂いた皆様感謝感激です。はしもとゆかサンの元気な姿も拝見出来て嬉しいでござる。あの人、何歳になってもホント可愛い(褒め言葉と貶し言葉を兼ねてる←失礼)。バンバン連発で芝居打ちたい病の僕だけど、山ちゃんの健康状態の都合で(来月手術)ちょいとだけお休み。芝居は書き始めちゃえと思っているけれど。ヤマちゃんに「退院祝いパーティする?」って言ったら「そーゆーのいーです」と遠慮気味。てか、完全に訝しがってる。そりゃそっか。どはは。

投稿者: 宮川賢

宮川賢と申します。人は権力を持つとどうして威張り出すのかは未だ理解出来ないす。威張れる立場にあるから威張るのだとは思うけど、それを喜べるのはさもしいよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください