Wobble_Boy無事終了しました。ご来場頂いた皆様ありがとうございました。

打上も打ち上がり(良かった)、無事終了しました。あとは精算とか後片付けとか色々ですが。

舞台写真

奈良俊介演じる「野月」。ストーカーというより一途?

左から野月(奈良俊介)、話し方教室の助手(瀬戸ひろみ)、話し方教室の講師(宮川賢)

話し方講師(宮川賢)とアヤナ嬢(北澤友梨枝)。

話し方教室助手(瀬戸ひろみ)。

稽古風景。奈良俊介演じる野月の長大な台詞。言葉に自分をうずめる事に燃えているかのようなMっ気。

所感

演出の宮川です。僕は個人的には、野月という男と再会出来た事がとても面白かったです。こんな人いたらやだなぁと思いながらも、ご覧になったお客様からは「わかるわかる」と言われる。そこまでのレベルじゃないけれど、誰もが持っている恋愛した時のソワソワした気持ちの感覚。

久しぶりに会った野月は、変わらずパワフルでした。ついでにアヤナと助手のキャストが替わり、芝居そのものもパワーアップして。色がついている役者は面白いです。作りやすい。イメージが広がりますね。そんな単純に創作意欲を(再演なのに)掻き立てられる一ヶ月でした。野月は一歩間違えれば、誰でもなってしまう「思考回路」です。恋愛は魔物だし、片思いは強い迫力を帯びてる。それをそのままエネルギーに変換できたらどれだけ再エネ業界に貢献出来るだろうか。


動いていなかったらしい

braveのキャストが全員揃いました。前回出てくれていた桜木ユウ君と竹森みずほ君が観に来てくれました。まさかbraveの主役二人がこんなに今回ピタリとハマるとはっ。

打上で、お客様のアンケートを見ていたら、桜木ユウ(前回braveでモテモテ男演じた俳優)が「宮川さんが動くのを見られて良かったです」と書いてあり、

北澤「宮川さん、前回、稽古で演出つけていたのに、動いていたとは見なされていなかったようですよ。」

といわれるハメになりました。そうか。あれは動きとは認められていなかったのか。

瀬戸「静止画だったって事みたいですね。」

そうか、動作道を究める旅に出ます。動作の道は険しい。あんなに動いていたつもりだったのに、動いているのを見るのが初めてだったと。もしくは、前回の稽古で演出家として動いていたつもりが、「この動きはみてらんねぇっ!」と判断されて視界に入れて貰えなかったのか、ともあれ動作を頑張ります。動いてる事で動いていると認められるように。動作。それは静止画。

多謝

ご来場頂いた皆様ありがとうございました。m(_ _)m
次回1月ぐらいを予定しています。その後の新作ももはや早くリサーチして書き進めたいと思っているので、色々お楽しみに。あと、いい役者紹介して下さい。若くてやる気あってガッツある人。もっともっと出会いたいなぁと思う夜。

投稿者: 宮川賢

宮川賢と申します。人は権力を持つとどうして威張り出すのかは未だ理解出来ないす。威張れる立場にあるから威張るのだとは思うけど、それを喜べるのはさもしいよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください