「耳に息 mimi_ni_iki」終了


(↑千秋楽開演直前の山ちゃん↑)
無事終了しました。ご来場頂きましたお客様ありがとうございました。今年は私、宮川の「もっと芝居を打ちたい」という常々思っていた事を少しだけ実現出来た年でした(3本上演出来たので)。もっと頻繁に公演が打てるようになったらいいなぁと思います。作って作って作りまくりたいので。アイデアが枯れる事はこれまでも一度もないし、何かを生み出す作業を面倒だと思った事は一度もないので。
読書が大好きだった父親が齢八〇を過ぎて「本なんか読み気にならない」というショッキングな言葉を口にしてからというもの、ということは僕も芝居を作る気にならないと思う日が来るのかもしれない。そう怖くなったんです。それは寂しいです。でも、いずれそういう時は物理的にも生物学的にも来るのでしょうし摂理です。そうなると、遠距離恋愛しているカップルが駅のホームで抱き合っていつまでもキスする未練のように(今のうちに一杯芝居しとかなきゃいけないんじゃね?)というモードに入っておりまする。
ですが。
はい。


ですが、結局その時になってみないと分かりません。これからのクリスマスシーズンに向けて、めちゃめちゃ大恋愛をして家庭はもちろんのこと、芝居どころじゃなくなって来年にはその足の綺麗な女子(妄想)との逢瀬をひたすら楽しむ愉楽の日々に入っている可能性もあります。むしろ、その方が個人的には嬉しい☆そんな人間らしい自分を発見できたらどれだけいいか。
直情径行とは無縁の自分を達観してそう思います。なので、これからもこのように公演を打っていたら「ふふ。甲斐性のない人ね」と笑ってやって下さい。
つまんない大人
っていう概念を「したくない仕事を引き受ける」であったり、「長いものに巻かれる」であったり、見方は色々ですが(もしくはそれら全てですが)、
最近僕が思うのは、我を忘れて物事に没頭(例えば恋愛)出来なくなることが一番「つまんない大人」だよね。ってことです。あ。山梨谷梨がバラシサボって上にたばこ吸いに行ったっ! てめー働け山ちゃんっ! と様子を見に行ってきます。では、また。
あ。僕の2015年は12/13(日)の大塚カル~クNightで炸裂させますので、良かったら見に来て下さい。映像編集これから頑張ります!
ちなみにチケットはこちらっ!
DSC_6434.JPG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください