アイデアは全てをポジティブに。

目覚めにテレビをつけたら、アッコにおまかせをやってた。

大改編大使カエル様と執事高田純次が改編説明で番組を回る。執事は他に安住アナも。

この、不況下、予算削減のハッキリした改編を「面白く」感じさせる演出が見事。

ネガティブをポジティブに変えるのは、アイデアだ。創造力のある人は、すべての事を楽しく変えられる。

例えばコーナーを変える。とする。ダメだから変える。だが変えたコーナーが、ただリアレンジした程度の「ダメをはじいただけのもの」だとする。

それはただのネガティブな変更だ。そのコーナーを始めた時のインパクトがないなら、ダメをはじいた上に何か強い要素をプラスしなければ、変化は人を魅了しない。

金がなくても

アイデアがあればできる。

アイデアは金よりまさるのだ。

「いやぁ、実際に予算削減しなきゃいけないんだし、いいんじゃねーの、そのまま(ネガティブ変化丸出しの案のまま)で」

と言うか否かは、バカプロデューサーの試金石となる。

せっかくだから
楽しもう。

アイデアがあればそれができる。

チェンジ。
ウイ・キャン…かなー!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください