フィリピン家族、在留不許可の是非。

フィリピン家族が長きにわたる不法滞在を経て、強制送還を言い渡された。が、子供を盾に特別許可をむしり取ろうとしている。マスコミが「子供が可哀想」調で、特別許可を嘆願する向きも多く、それが「自業自得だろげっ」と強い反発を誘っているのが今。
子供を盾にしているのが卑怯! という見方はある。子供や動物、温泉で数字をとるテレビ番組はずるいよね、と言われる。下ネタで笑いをとるのを卑怯というのと同じか。
裁きは、双方の非を計算すればフェアになる。裁く側と裁かれる側(家族)。不法滞在を取り締まれなかった日本のていたらくが、長きにわたる日本生活をもたらし、それが故に御子ちゃまを可哀想にしている、つまり、不法滞在しようが、し始めた頃にすぐ取り締まれていれば、こんな罪作りにはならなかったのに、という、今まで不法滞在に気づかなかった僕らのせい、という見方をすれば、なのでもうちょっといてもいーよ、なんていうのは考えたい。
だが。それは、裁かれる側を(子供)と限った場合。親は、意志で不法滞在をしている。見つかれば強制送還されるのは明らかに知っていた。とみれば、狡猾に隠れ通して不法滞在を続けてきた側に対して、それを見つけられなかった日本の警察の非なんて認める必要はないよん、ということになる。
つまり、不法滞在したくてしたワケじゃない、御子ちゃまが加わったことで、話はややこしくなっている。僕は考えてみて、これは、どうするのが一番正しいのか、自分なりの物差しをあててみた。
結論。やっぱり、子供も一緒に返すべき。可哀想だけど、そういう結論に至った。親のしたことと関係はない、そういう当然の反駁は何度も頭の中で検証してみた。でも、返すべきだな。世の中には、親の借金を肩代わりしたり、親の不始末を尻ぬぐいしたり、することが沢山ある。親と子は関係ない、そうはいっても、色んな所で関係してるよ。それが親子ってもんだ。バカな親を持ったと思って諦めよう。泣く女と不幸な子供は無敵。だからって、というのが結論です。でも、それは、そう思うだけで、そうすべきだと主張しない。意味はないからね。
このように判じかねる事が出てくると、難しいパズルを出題された天才少年のような嬉々とした上機嫌になる自分がいる。なんだかなぁ。
icon:z_miyakawa_masaru

「フィリピン家族、在留不許可の是非。」への1件のフィードバック

  1. 難しい問題ですね。
    現行法の解釈から考えると、宮川さんのように理解するのが正しいと思います。
    日本では、難民を受け入れる体制(法律含め)がないことも、この問題には少なからず関係してきます。
    そもそも難民とは?
    難しい!!
    フランスでは難民が問題になっていますが、サッカーが強くなったのも、難民の子息が代表入りしているからだし…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください