miya-ws-a.jpgワークショップ開催します。スケジュールは2パターンあって、

2009年7月9日(木)~12日(日)が(A)↓
◆宮川賢ワークショップ(A)

2009年7月23日(木)~26日(日)が(B)↓
◆宮川賢ワークショップ(B)

てな具合です。5年ぶりなので、かなり久しぶり。その時は、懇意にしているプロダクションの若手俳優・女優も一般参加者に混じって受講しての「宮川とモリエール」という、大好きな喜劇作家に取り組む、というものでした。今回は、その手の枠を取っ払って、単純に努力の仕方を知らない若手を憂いでの(←オヤジ臭い)正統派ワークショップ。悪いけど、かなりちゃんとしてる。と思う。というか、そうするつもり。モノを作る人間は、センスや仕方が偏向して然るべきと思うが、ここでは、あくまで客観的に必要と思われることを俎上にあげる予定。だが、あくまで僕個人が「客観的に必要」と考えるものであって、その時点で主観とも言えるけど。ともあれ、演出家の数だけ、物差しがあるってことです。プロもプロ志向も、素人も、何でもアリです。協調性さえあり、進行を妨げなければね。今回は、特に「喜劇」にこだわってはいません。ですが、「舞台俳優」としての訓練にはこだわります。このワークショップを経れば一回り大きくなっているかというと、そうではありません。一回り大きくなる為の指針を(必要なら)ハッキリと誂えます。とはいえ、参加者は劇団員ではないので、つまり身内ではないので、あまり無責任なことも言えない。そう思うとチョイ平面的な意見にとどめようという気もしつつ。ともあれ楽しみにしています。前回やった時は、触発されるような人たちが沢山いて面白かった。そこから劇団員になった人もいたし。臆さずやってみよう。いろいろなことを。
icon:z_miyakawa_masaru

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください