稽古じんわりスタート

今週から、秋公演「インスンデル」の稽古がスタートした。エジンバラ公演を終えた松崎君、18歳なのに老獪な三田村さん、工夫を怠らず弾ける小出、母・オンナ・妻をやんわり縦断する町さん、と、初めて一緒に芝居をする役者との手合わせは、なかなか楽しく刺激的。触発されるというより「この人ならこのぐらいのセリフ言えるな」とか「この人ならこのやりとりだけで何をしたいかは伝わるな」という狙いがハマる嬉しさがある。何度公演を重ねても伝わらない劇団員とは大きく異なる(笑)。

勿論、何度かご一緒してる奈良チャボ、高田裕司両氏の信頼も厚い。

今回は時間がテーマ。
劇団には誰が言ったか「宮川時間」という言葉がある。

それを基準にすると、人はどう変わる?

それもまたお楽しみのひとつ。

では、放送行ってきやす☆

「稽古じんわりスタート」への1件のフィードバック

  1. 届いたビタミン所の豪華な事。
    今度の芝居キャストも様々で、楽しみ倍増です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください