恵子順調。

ミーティングのことをデートって言えば、仕事も楽しくなるんじゃないか。そんな事と同様に、演劇の稽古も「恵子」って書けば、なんだか逢瀬のようでテンション上がる筈。ちなみに、劇団員の福田の携帯番号は「藤井リナ」で登録されています。公演が近づくと福田から業務連絡が来る度に藤井リナの着歴とかメール着信とかがあるので、否応なしに嬉しくなりますね。あんな原チャリ放置して罰金たんまり未払いでやり過ごすような白痴美タイプの女子に「えー、何そのつるつるきもちわるーい」とけんもほろろに一蹴されたいものですね(てきとー)。
さて。恵子は着々と進み、でも、進まない所はなかなか進まずという、まぁいつも通りの思い通りに行かない恵子が続いております。ただ、芝居好き、という共通項がある役者と一緒になれば、それが初共演であろうとも、何も心配することがなく、とても信頼出来るのであります。毎回芝居の度に思うことだけど、初めて出会って共演する役者でも2秒台詞を聞けば「芝居好き!」が解るので、とても楽です。共通言語を持ち合わせるというか。今回も初めての人ばかりなのに、もう何度もご一緒してるような感覚に浸れるのは、それが芝居好きだからであります。
で。具体的な進捗。台本ができあがり、ボチボチ稽古が形になりつつあるものの、多少努力の差が役者間で顕れ始めわずかな緊張感。何しろアーティキュレーションが大事な今回なので役者は最後まで自分の台詞と戦う事になるだろう。台詞って情緒が絡めば味方になるけど、描写止まりだと敵になるからね。
Hと非H。今回の内向きな狙いでいうと杉崎君の「やらない」主役。過去二回出演してもらった作品では「やりまくる」役でしたが、今回は僕の役も含めて佇まいを中心とした役作りが要される難しい(かもしれない)役。気持ちを吐露したり、回りが作ってくれるシンボル的役どころであれば難しくないものの、象徴でありながら誰も作ってくれないので色々大変。んもー、俺も自分の事が心配でならんよ。むぎゅー。
なんてグニャグニャ言ってないで、頑張ります。はい。そして奈良チャボも難しい役やってます。あ、高田さんも難しいな、僕が出してる課題を考えると。ちょっとこういうベテランに対しては求めるものが大きくなりすぎてきて、よくないと思う。あ、それは磯田収さんにも言える事。ここまであうんの呼吸で依頼出来るのだから、こういうお願いも簡単にできるっぺ!という感覚になってきている。いいのか悪いのか。まいっか。色々みなさん、すいません。ともあれ、あと一ヶ月で本番なんで、頑張るっちゃねーっ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください