本日稽古中

今、「トラックと海」稽古中です。それぞれのキャラクターが両輪ともレールの上に乗ったので、あとは漕いで走るのみ!という第一段階クリアの役者陣です。

芝居は書いている時には思いもよらない魅力を役者がプラスしてくれるのでそれは稽古場で見つける事が出来ると予想外の刺激になりますね。描写出来る範囲は狭いけれど、でもちゃんと性格や背景をしっかり把握して自分のものに出来ていないと説得力が出ないのや役でありんす。読んで台詞を覚えている段階ですでにそれを掴めちゃっている役者が多いのも頼もしい限りです。

今日は寝る前にエイミー・マンを聞く事にします。こんなカンジ。

日曜日は、

そうそう、日曜日は「大塚カル~クafternoon」です。15時開演。来てねっ!3000円で当日券あります。夏は色んな所に行ったので編集大変だーあんっ!(^^;)★

大内美佳(挨拶映像)


出演者ご挨拶「大内美佳」篇

恋愛を制御出来れば売上はアップする。企業内での社員の恋愛を私生活を管理することで業績を上げようと企んだ国見ホールディングス社長(宮川賢)が目を付けたのは、恋愛社会学の第一人者の大学教授だった。恋愛を理屈で制御しようとする社会で、今なお「恋愛らしい恋愛を」特にきにせずしているのが大内美佳演じる「ユミピー」。
公演は9/14(木)~18(月祝)。大塚レ・サマースタジオにて。
ぜひ、いらしてくださいね。

新作「トラックと海」9月上演


劇団ビタミン大使「ABC」アトリエ公演
「トラックと海」
作演出=宮川賢
期間=2017年9月14日(木)~18日(月祝)
会場=大塚レ・サマースタジオ(豊島区北大塚3-25-16伊納ビルB1/tel.03-3916-2430)
料金=3000円(税込)

■物語沿革

 国見ホールディングスは「社員の恋愛を管理出来れば業績が上がる」という提言を実践し飛躍的に売上げを伸ばした。国内企業は挙って右に倣えで好景気に繋がった。これを提案したのは恋愛コンサルタントの柊静朗。元は大学で恋愛社会学の教鞭を執っていた教授だ。
 男目線のこのやり方は、当然綻びが生じて諸問題に対応仕切れず敢えなく頓挫。スケープゴートとして柊は諸悪の根源とされた。
 水商売には、男性マネジャーがホステスと恋仲になることで、人気ホステスにしっかり出勤させる管理方法が実在する。極めて私的な恋愛というモノを、部下や運命共同体であろうとどこまで管理するのが許されるのか。
 俯瞰で見下ろせる恋愛は恋愛に非ず?

出演=奈良俊介、碧戸結香、阪田智靖、山梨谷梨、大内美佳、宮川賢(声)
問合せ=info@o-rs.net(ORS)

※開場は開演の30分前を予定しています。
※未就学児童は入場出来ません。
※途中休憩はございません。
※会場に駐車場はありません。コインパークなどをご利用下さい。
※場内禁煙です。飲食も禁止とさせて頂きます。
※会場内での撮影、録音、は堅くお断りしております。


前売開始しました!
ビタ店(http://v-mise.com)にて好評発売中!!
碧戸結香
山梨谷梨
大内美佳

9月に公演やります。

なんとも色々な事があって遅々として進まなかった劇団の公演ですが、ようやく9月に出来そうです。出来そうってのも、自分次第で、ちゃんと台本書こう!てな事です。

台本書く為に、というか、書く、という事も含めて、東北ツーリングに出向きましたが、走ってばかりでまるで書けなかったので、(とはいえ構想は頭の中でぐわぐわと広がりを見せましたが)日曜日のTBC夏祭り「宮川賢のまつぼっくり王国」の公開収録が終わったら、集中して進めようと思っております。苦しいけど楽しい作業なので、今から楽しみです。詳細は近々ここにて告知しますが、もう少々お待ち頂きたく。

というわけで、本日の一曲は。こちら。

Oddisee[NNGE]
ああ、かっこいいっ!(T_T)またねっ!

5月14日(日)に決まりましてん。すでに懐かしい映像もありましてん。

5月も決まりました!

本日、3/5は「大塚カル~クAfternoon」でした。テーマは「僕たちのチャレンジ」挑戦したようなしてないような挑戦したのにハラホロヒレハレの結果になったような。そんな具合でしたが、お越し頂いた皆様ありがとうございました。なんといっても、本日のライブのあとだからこそ、5月のライブテーマが「無駄もまた真なり」となった次第。ぜひ、そちらもよろしくお願いします。その前に4月もありますけどね。



そして、すでにこの段階で二人は今よりかなり若いと感じる

この映像の段階だとかなり最近かと思ってましたが、かなり若いですね。あ、今の僕を知らなければよくわかんないですね。罰ゲーム金髪年間があったからなぁ。おかげで金髪やめたってことはバイク乗れるってことなので、良かったぜっ!

3/5(日)と4/9(日)ですっ!


久しぶりの劇団サイト更新です。先日これまた久しぶりに劇団員の山梨に会いました。山ちゃん太ってた(汗)。お前、太ったんじゃない?と言ったら「ぐうたらしてました」とほざいてた。なんだかなぁ。まあそれが山ちゃんだな。うん。(知らないけど)

さて、トークイベントまたまたやります。まずは、3/5(日)15時開演で「大塚カル~クAfternoon~僕たちのチャレンジ~」がありまして、その準備はなんとか完了した所(あ、映像の話ね)。準備する映像はいつも考えさせられると同時に、どうしてこう無駄に頑張ってしまうのだろうと思う事しばしばだけど、まぁ仕方ない。作品を作るってのは、なぜか魅力的で夢中になってしまう。へんなの。

で、その翌月のつまり4月の大塚カル~クAfternoonが前売り開始になりました。上記の「ビタ店」で購入出来ます。良かったら是非。

関係ないけど、omnisphere2購入したよ!すげーなどーでもいいけど。

懐かしく思い出してしまった

思い出してしまった。というのも、「僕たちの東京」というテーマで日曜日に展開するイベント「大塚カル~クAfternoon」の為の映像製作で、「No Run Night-Rider!!」を取り入れたら、あの頃の泣けてくる心持ちがつぶさに蘇り、胃が痛くなった。(汗)

どうしてあんなに苦しかったのだろう。そして、今はどうして、こうも苦しさから解放されたのだろう。去年の春ぐらいから「めんどい仕事は受けない」事にしたので、それが原因かな。もともとめんどくなくてもやりたくなければやらないわがままな(というかそれが出来るのがフリー)男だったので、より解放されたのかな。いい大人になると、いろいろな方面への気配りをするようになる。でも、フリーだと、「マネジャーの為に仕事やっておくか」とか「所属プロダクションの意向を汲んでそういう仕事も取りに行ってみるか」とか考えなくていい。家族さえなんとかしてればいいというフリーダム。窮屈なのは嫌です。ね。