女優の言葉

20歳の大学生の頃、学生演劇をやっていた時期に知り合った新劇女優さんはまだ二十代半ばだったのに妙に大人っぽく見えて、日大芸術学部へ進学するのを親に猛反対されてなくなく日大経済学部へ入った僕からしてみれば、ちゃんと演劇を学んだ事がないまま演劇をやり始めたコンプレックスがある為、言う事がいちいち刺さって来たのを覚えてる。今思い返せば取捨選択すべきことも多かったのだろうけれど。

今でも覚えているのは、芝居の中において、女は女としてしか存在しない。男は人間として存在するけど。とな。へへー。そうかしら? と思って最初は疑ったが、確かに見れば見る程、世の中にある芝居にはそういう具合だった。というより、ちゃんと演劇を学んだ人がいっているんだからきっとそうなのだろうと盲信しちゃってたのかもしれない。

結局それは、この国が女性をどう位置づけているかを反映させていただけであり、芝居はその映し鏡のようなものなので、芝居の中の絶対的な話ではないよね。確かに生死と恋愛は無条件に成立させられるので物語を作る道具としてはとても便利です。人を好きになるのに理由はないから役者が「好き」って芝居を成立させられれば、物語はその恋愛は「成立しない」ということがない。その恋愛って便利なものを使うとなるとやはり異性という立場は有難く。これまでも何度もサイドストーリーなどで使ってきた。情緒が絡むシーンは舞台を賑やかにもするしね。

で。恋愛をまるで関係なしに作るとどうなるのかなぁと思った事は一度もないけど、今回は偶然そうなりました。今回というのは(1+1)×2の方です。男四人の出演者。稽古場もいろいろな点で楽な事が発見出来て興味深い。なんで、今までやってなかったのだろう?と改めて後悔するような新鮮な経験です。

自分が描きたいものの中で、まだまだやってみていない事ってのはあるんじゃないかなぁ。例えば、ほら。女性だけの出演者の芝居とか。やってみたいけど怖いよね。だって女の気持ち分かるの?って言われちゃうと判らないものね。想像で描いてるけどね。きっと少女漫画に出てくる男性キャラクターが記号化しているように感じる人がいるのと同じような事になっちゃうんじゃないかしらん。とか。思う事はあるけど。でもやってみたいよね。一度ぐらいは。

なんてことを色々考えた稽古場でした。今は、二度の通し稽古の間の休憩。奈良さんは当然の如く台詞をさらってる。何しろまじめな人です。こういう人を頼りになる人って言うのだろうな。僕は台詞は少ないのでこんな事を書けていたのであります。

いよいよ金曜日から日曜日まで。(1+1)×2。
いらしてね。ビタ店にて好評発売中!ざんす!
http://v-mise.com

発見あるのよね

本日は午前に「ペンタと私」の稽古。石川さんと二人で。主題歌のメロディを聴いてこれまでのいろいろな事がぶっ飛ぶ体験をする。ここまで出演者から元気づけられることって演劇ではなかなか体験しがたい。創作者の力はどこまでも嫉妬しちゃうね。うーむ。と、まぁ、僕は色々感動していたのだけれど、石川さんは、歌うシーンでの「役で歌う」って作業や「歌った後だけど台詞」みたいなことへの戸惑いが激しく猛省してスタジオを後にした。発見が多いです。本当に。創作活動の発見って常に新鮮で常に怖い。不安だし愉しみ。

例えば、放送局って会社があってさ、テレビ局でもラジオ局でも、ディレクターって立場の人がいる。まぁ、もはやラジオ局はディレクターって社員が作らなくなって来てるけど(涙)、入社して最初に現場につく人はADからディレクターになってAPになって、と出世双六があるよね。で現場の担務以外に僕ら外部にはよくわかんない肩書き変更での出世ってのもあるでしょう。

そんな中、かつて一緒に番組を作っていたディレクターが管理職になったりするワケで、そうやって考えるとずっと同じ立場にいるってのはなんだかもんのすごく「留年」してる気分にもなるわけさ。幼虫のままずーっと年を取っている感覚ね。すべき成長をしていないずるしてる人生っていうか。でもそれは裏を返せば、フリーだからこそ、ずっと現場にいられる幸せって事でもある。実際に、ずっぼ現場でいたいからという理由でディレクターから非現場に転勤になる時に会社を辞めて制作会社を作る人も多い。出版社にもいる。

だけど、どこかで現場から非現場にまわり、現場を支える側にならなきゃいけないタイミングってあるような気がしてて。勿論、加齢で得られる表現力も多いからなんとも言えない事だけど、若い現場を支えるのは「現場経験の非現場管理者」でしか出来なかったりするワケさ。いや、わかんないけどね、あくまで想像で言ってるだけだけど。それをみんながみんな現場でいたいからなんて理由で現場に拘泥していたら、立ちゆかなくなるんだろうなぁとね。いや、なんとなく思っただけどです。(だからなんだ)

つまり、創作活動の発見って常に新鮮で常に怖い。不安だし愉しみ。ってのは、それを感じられているのは恵まれた環境なんだろうなぁと遠い目で思った次第。大学卒業する時に、芝居をずっと作って生きて行けたら幸せだろうなぁって思ってたしそれは難しいだろうなぁって思ってたけど、意外と何とかなるね。いや、なってないかもしんないけど。

今回は、「ペンタと私」も「(1+1)×2」もどちらも猛烈に大好きな作品で、よくここまで差がなく愛せるかって自分で不思議なくらい。それはまた、石川さんとの初コンビってのもあるし、奈良俊介さんのはまり役がシビれるキャラクターってのもある。来週金曜日~日曜日が「(1+1)×2」で、その翌週30~4/1が「ペンタと私」是非見に来て下さいませませんっ!

ちなみに、おいらが大好きなキャラクターは、どちらの作品でも「登場しない」キャラクター。ペンタと私の出演キャラクターでは、ペンタの彼女役のカコちゃんってのが、台本書いてる時から可愛くて可愛くて好きで好きで仕方なくて。先日のOKA(トークライブ)の時もステージ上でずっとカコちゃんの事ばっかり考えてた。実在しない人に恋をする。自分が作ったキャラクターに恋をするなんてことがあるんだなぁ。あー、気持ち悪っ。

なんだべ。例えば成人漫画書いてる漫画家さんが自分の描いた絵をおかずにマスターベーション出来たりするものだろうか? なんかそういう無意味なインブリードというかマッチポンプっていうか若干不思議かつ不気味なワールドに近い経験だったよ。劇団旗揚げ2回目の公演は「リビドー」って作品で、彫り師の物語(当時は裏街道カリカチュアというシリーズ)。ある男の背中に掘った天女に恋をした彫り師がその天女に会いたくてそのヤクザを追いかけ回すセックスファンタジー。まさか自分がそんな事になろうとは。

そしてそのカコちゃんを演じてくれたのが(声の出演)岡田ちほで。彼女は「ブラザー・リコのジパング大逆転」再演に出演したりしてくれた当時18歳の女子。もはや二十代の大人の女子になっていた(あんま変わってなかったけど)。岡田がキャスティング出来た時は「貰った!」と思ったけど、大好きなキャラクターだから、岡田と久しぶりに会った時もなんだかドキドキしていた(なんだかなぁ)。TBSラジオでつい数ヶ月前に「二択deデート」出演して貰ったばかりなのに。

そして(1+1)×2の登場人物で好きなのは、ほんの少しのエピソードしか出てこない角谷京子さんってキャラクター。んもー、なんなんだ、この人は。可哀想だし、くだらないし、でもきっとそういう人いるだろうしってんで、そんなキャラクター設定にしちゃって角谷さんゴメンなさい(って実在しないけど)。

さて。ともあれ、もっともっと作り込んで拘り倒してやるっ。と鼻息荒い午後でした。あ。ホワイトデーだ。あいつになんかやらなきゃ(言うだけ)。

出演者コメント映像公開でごわす。

映像アップしました

稽古順調。さすが奈良俊介さん。奈良チャボから改名しただけの事はある!(失礼ねっ)

そうです。二日目の稽古が終わった時に映像を録画しましたが、公開忘れてました。あ、OKA(大塚カル~クAfternoon)では編集して紹介しましたが。
台詞の量が多い芝居は、なんとも頼もしい奈良さんです。この人がいれば、宮川は出演しなくていーや!てなことまで言ってました。なんだかなぁ(汗)。

これは、山梨谷梨のコメント。この男は、小道具製作を担当しております。そして今回の芝居の中で男性自身を出す役がある。でも出しちゃうと逮捕されちゃうので、小道具的なもので作る事にした。公然わいせつで逮捕とか困るからね。いや、お客様が言わなければ逮捕されないかもしれないけど、そういう問題じゃないですしね。で、その男性自身を作製させられた山梨劇団員のコメントです。これまたなんだかなぁ。(汗)

これは関係ないです。映画「ガッジョ・ディーロ」の予告編。ん? どこかで聞いた事があるような。そうです。「ガッジョ」は、ヒポクリティカル・アイランドのサブタイトル「~根人とガッジョと豚の狩人~」のガッジョです。ガッジョ・ディーロ(=よそ者)。ロマの映画です。トニー・ガトリフの映画は、大好きで大好きで仕方ない。あと「トランシルヴァニア」もね。ロマという立場の人たちは消えるべきして消えていくなかにいるのか?いえいえ。もっとクローズアップされていい。迫害され続けてきたのは、ロマなんだ。(まるで今月の公演とは無関係)
「ヒポクリティカル・アイランド」の公演が終わったら手放しちゃったなぁ、DVD。取っておけばよかったぁ~!と思うトニー・ガトリフ作品群。ぐっすん。

石川よしひろそろそろソロACT

これも絶賛稽古中。石川さんはシンガーソングライターですが、ちゃんと演劇への造詣も深く、舞台俳優としても活躍中。劇伴も作ったりと演劇人は知人も多い。そんな中、突然、挑戦する一人芝居。是非ご覧あれ。声の出演では、宮川賢、奈良俊介、岡田ちほ、池田葵、ら、劇団の公演では何度も出演してくれている客演の役者さんたちも含めて出演してます。ご期待下さい!

3月は二週連続で公演です。

<2演目を2週連続公演>

「(1+1)×2」

劇団ビタミン大使「ABC」アトリエ公演
(1+1)×2
作演出=宮川賢
出演=奈良俊介、地脇慎也、山梨谷梨、宮川賢(ほぼ声)

詳しくは固定頁をご覧下さい。

2018年3月23日(金)~25日(日)
大塚レ・サマースタジオ(豊島区北大塚3-25-16)

前売チケットはビタ店(http://v-mise.com)にて好評発売中!

ペンタと私

浜岡プロデュース▲石川よしひろそろそろソロACT
「ペンタと私」
作演出=宮川賢
出演・主題歌作曲歌唱=石川よしひろ

2018年3月30日(金)~4月1日(日)
会場=大塚レ・サマースタジオ(豊島区北大塚3-25-16)
開演=30日(金)19:30/31日(土)13:00/4月1日(日)13:00と19:30
料金=4000円(税込)

劇団を作ったばかりの頃に宮川と出会った石川よしひろサン。二人は当時ラジオ番組で一緒に仕事をしていました。付き合いも猛烈に長く、お互いを知り尽くしている関係性は、家族や兄弟を越えた不思議な絆。仲良しを越えた奇妙な間柄です。そして、その知り尽くした石川よしひろサンが「宮川さん、俺、一人芝居やってみたいんだけど」って言い出したのはかれこれ5年前。「おっ、いいですねぇ」なんて言っていたものの、お互いの仕事が忙しくなかなか実現が具体化しませんでした。待てよ。あっという間にどんどん時は過ぎてしまう。石川さんも50歳になったらしい。ということでいえば、50歳になって、改めて「メジャー再デビュー」したらしい(すげー)。そんな勢いのまま「ほんじゃ、やってしまいましょうよ!」てな具合で劇団のアトリエ公演と連発になりました。

芝居を書いている時は本当に楽しい。これは書いてる人間じゃないと解らないと思います。パソコンを立ち上げるって事は、あの登場人物にまた会える! 今日はどんなことをやらかすんだろう?!ってわくわくドキドキです。恋愛のようです。今回もそうでした。ペンタと私も、(1+1)×2も、書き上がった時の達成感よりも喪失感の方が大きく「ああ、また書き上がっちゃった」とガッカリしました。でも演出としての自分がまた更なる魅力ある空間に育ててくれることでしょう。何しろ、我らが奈良俊介さんがいるしね。今回は地脇も出るしね。宮川も出るしね。山梨には変な小道具製作を「やっておけよ」と頼んでおいたしね。きっと二週続けて楽しい夢のようなものになるだろう。

信じてやまないっす。前売チケットはビタ店で好評発売中! ORSでの公演は、チケット発送しませんが、お振り込み頂いて当日受付にてお名前を言って頂いてご入場になります。



ペンタと私は、ペンタとペンタを取り巻く登場人物を全て石川さんが演じます。登場しないけど声だけ出てくる役は色んな人が声で出演します。宮川賢とか。ペンタの生き方を軽いタッチでリアルとデフォルメの間でぐにゃんぐにゃんと描きます。ご期待下さい。

(1+1)×2は、ORSを構えた時点でやりたかった作品。暖めてきた作品。男だけで閉鎖的な環境での物語。暗いのにポップに。スリリングなのにお馬鹿に。そんな世界観はちゃんと詰め込めたと思います。稽古での奈良俊介さんが今から楽しみ。そして山梨も。地脇も。あ、ほぼ声なのだけど、出演する宮川賢も。宮川はこれまでで一番いい役かもしれない(と書き終えた時に思った)。

是非、二週続けてお越し下さいませませ。お待ちしております。

3月に公演やります

なんとも急ですが(水面下では着々と進んではおったのですが)、3月に公演やります。
3月23日(金)~25日(日)と
3月30日(金)~4月1日(日)と、
二週に渡って。別演目です。近々発表&前売開始。です。急激ですんません!
台本ガリガリ書いてました。さあ、やるべっ! ご期待下さいっ!
どりゃあああああああああああああああああっ!




写真は全部無関係です!

ポッドキャスト更新中★

ミヤカラー.infoにて「お前の母ちゃん宮川賢」ポッドキャスト更新中。アトリエ公演「トラックと海」について語っております。中にはゲストが出演者だったりするものもあり。良かったら聞いてねっ!↓↓
銭湯で芝居の出来を想ふ
ユミピーゲスト(22歳だった)
奈良さん滑舌良すぎ問題
山梨谷梨ゲストというか稽古終わりで録音しようと思っていたが忘れていたのでみんなが帰った後なので山ちゃんしかいなくなっちゃったというトホホな状況での稽古進捗状況録音です。

「 Good Guys / MIKA 」
このPVは何度でも紹介するぜ。ステキだ。

「 Starting At The Sun / MIKA 」
これもイカす。曲もサイコーだぜ。

泊崎ハゲオ

泊崎 僕の名は泊(とまり)崎(ざき)ハゲオ。泊崎でさえ珍しい名字なのに激しい男と書いてハゲオと名付けられたのは、若ハゲの家系だからです。どうせハゲハゲと馬鹿にされるならいっそハゲを名前に入れてしまえということのようです。ごらんの通り今の所、禿げていません。それにより、親戚縁者が奇跡の少年として私に一目置くようになりました。


劇団ビタミン大使「ABC」presents
トラックと海
作演出=宮川賢
2017年9月14日(木)~18日(月祝)
14日(木)19時開演
15日(金)19時開演
16日(土)13時開演
17日(日)13時開演/17時開演
18日(月祝)13時開演
前売り=ビタ店(http://v-mise.com)
料金=前売・当日共3000円(税込)
出演=奈良俊介、碧戸結香、阪田智靖、山梨谷梨、大内美佳、宮川賢(声)
会場=大塚レ・サマースタジオ(豊島区北大塚3-25-16伊納ビルB1)

14日初日だすね。

宮川賢です。稽古順調で、この時期に下痢をしないという非常に恵まれた環境にあります。こうやって考えると、下痢は「自分が台詞を覚えられないからなっていただけ」なのではないか?と思えてくる今日この頃(ううむ)。

奈良俊介分する柊は恋愛を研究していた学者だったが、今は企業コンサル。そしてその立場を追われて隠れなければならない状況。物語はそこからスタート。

怒ると怖いのに、いつもニコニコしていて笑うと猛烈に愛嬌がある碧戸結香嬢。もう、この稽古でも心底「生まれ変わっても女優とはつきあわないぞ!」と決意させられた。ああ、怖い怖い。←やらせてて失礼(汗)。

大内美佳さんは、更に若くて20歳。体調悪そうにしてる時も肌がつやつやなのが「すげー」とおっさんぽく思う也。不器用そうに見える所は「今作では得をしている」と演出は思う。

山梨谷梨。先日トイレにいた変な虫をすげー顔をして捕まえていてくれたので、ありがとうと誰か会ったら伝えておいて下さい。あ、明日会うから、自分で言います。気が向いたら(←なんだそりゃ)。

moby「Porcelain」


劇団ビタミン大使「ABC」presents
トラックと海
作演出=宮川賢
2017年9月14日(木)19時開演
15日(金)19時開演
16日(土)13時開演
17日(日)13時開演/17時開演
18日(月祝)13時開演
出演=奈良俊介、碧戸結香、阪田智靖、山梨谷梨、大内美佳、宮川賢(声)
会場=大塚レ・サマースタジオ(豊島区北大塚3-25-16伊納ビルB1)tel.03-3916-2430(ファックス共)
前売=ビタ店
料金=3000円(税込)

いよいよ来週!

来週上演!

アトリエ公演「トラックと海」いよいよ来週上演とあいなりました。チケットはまだ全ステージ空席ありますので、是非、この機会にご覧下さい。

沿革というか概要

劇団ビタミン大使「ABC」アトリエ公演
「トラックと海」
作演出=宮川賢

概要=
 恋愛の行動原理を研究する大学教授だった柊静朗(奈良俊介)は、大企業の人事コンサルを担当して一躍時の人となった。それは社員の恋愛を管理することでモティベーションを上げ業績アップに繋げたからだ。大人数の企業は右に倣えで同様に業績アップ。だが恋愛を管理する事は問題ないのか、それとも倫理に悖るか? 避妊具で人の誕生や人生を管理して良いなら恋愛を勤務先の管理下において差し支えないと見るべきか? 恋愛はどういう状況でも成立させられる無限のパワーを持つものだ。それを企業の売上の為にコントロールしていいものか。
 柊のやり方の不整合をついて台頭してきたのは、かつての教え子で不倫相手だった笠原未玖(碧戸結香)。女性目線での恋愛管理で更なる飛躍へ繋げたいグローバル企業の国見グループだが、国見社長(宮川賢・声)が個人的に異性としての笠原未玖の魅力に惹かれていたら……?
 禿げていないのに必ず禿げる筈だと親からハゲオと名付けられた泊崎ハゲオ記者(阪田智靖)は、国見グループのスキャンダルを追い続ける中で不可思議な事実を知る。加えてマスコミとはいえ立ち向かうには大きすぎる的を新人の泊崎が命ぜられた真相は何か? 笠原未玖の女性としての魅力の虜になると冷静な判断が出来なくなると危険視してソープランドに通い続けて自分を保とうとする厚井弁護士(山梨谷梨)は、柊静朗の顧問となって暗躍する。
 柊のやり方が世間に広まった事による弊害で転落人生を歩むユミピー(大内美佳)は、それでも柊のことを愛し続ける。


「恋愛の充実が仕事を充実させ、仕事の充実が恋愛を成就させる。なのに公私混同を否と見るのは如何なのものか?」
と大見得を切って、恋愛管理の必要性を説いた柊の挑戦は様々なモノを玉突きで動かし始めた……。

女優がえれー

出演者の中で、奈良俊介さんがまたまた膨大な量の台詞を覚えさせられて(彼に限らないが)圧倒的な密度で高圧滑舌マシンと化すのはいつも通りですが、女優さんがエレー魅力を帯びてて稽古で宮川は唸るばかりです。碧戸結香さんは「宮川賢のデートの時間でそ?!」の「二択deデート」でダントツ人気を誇る「文学少女みすず」を演じているので理解の範囲だと思いますが、そんな彼女も25歳になりました。碧戸さんも22歳の初手合わせ(「耳に息」)の時にも女優ってこえーなーと思ったものですが、なんとあの時の碧戸さんより若い若干二十歳の女優「大内美佳」嬢が出色です。
 恋愛を理屈で考え分析しようとして、尚且つそれをほぼ完遂しちゃった教授と恋愛コンサルの二人(奈良&碧戸)。なのに恋愛というものをただの自分の気持ちの変化としてしか捉えていないような不思議な感覚(とはいえ本来人はこういうもの)の女性が大内美佳演じるユミピーです。簡単そうで難しい自然体を自然すぎずに演じさせられるという難易度マックスに挑戦している大内美佳のアトリエ公演ならではの「目の動き」や「掴める心の機微」や「吐息」を感じてみて下さい。稽古場で「あー、生まれ変わっても女優と付き合うのは絶対にやめよう。こえー」と訊かれてもいないのに嘆息した演出としての僕は、ますます女性不信になるのでした(なんのこっちゃ)。
 そんな出演者は以下のメンバーです。

出演=奈良俊介、碧戸結香、阪田智靖、山梨谷梨、大内美佳、宮川賢(声)
 僕宮川も大きな役で声だけですが出まくってます。出て女性の色仕掛けにやられるエロ親父を舞台で演じれば良かったぜと思う事もしばしば(でも怖い←いやいやホント←聞いてない)。

スケジュールは、

期間=2017年9月14日(木)~18日(月祝)
開演=14日(木)19時
15日(金)19時
16日(土)13時
17日(日)13時、17時
18日(月祝)13時
会場=大塚レ・サマースタジオ(豊島区北大塚3-25-16伊納ビルB1)tel.03-3916-2430
JR大塚駅北口下車徒歩6分
料金=3,000円(税込)
前売=ビタ店(http://v-mise.com)

口上

 考える必要がない事を悩んで考えてしまうのが人間の可愛らしい要素ですが、特に恋愛においてはそうかもしれません。異性は星の数ほどいるのにその相手に拘泥して我を失いがち。と思えば、まるで失恋に痛手を負わずに次へ次へと恋愛をメドレーで楽しめちゃう人もいる。一言で説明しづらいのが恋愛の魅力です。それを一律で管理しようとした場合にどうなるのか? という所から台本を書き始めた芝居です。

来てね

 今回も再演の予定はありません。てか出来ないだろうなぁ。今のこの役者さんたちじゃないとね。この機会にお見逃し無く! ORSにてお待ちしております。

2/18映画の公開イベントやります。

【完成披露イベント予約方法】
参加希望者は下記の予約フォーム、もしくはメールにてご応募ください。※先着130 名様のご案内となります。
①予約フォーム:https://coubic.com/listermovie/303297
※スマートフォンからでもご予約可能です。予約登録後、予約完了メールが届きます。
②予約メールアドレス:listenermovie@gmail.com
※件名に「リスナー完成披露試写会参加」、本文に「代表者氏名、参加人数」をご記名の上、送信してください。メール確認後、2日以内に予約確認メールを返信いたします。

“2/18映画の公開イベントやります。” の続きを読む