見ている話(宮川)

本日、観に来てくれた女優と話して気付いたが、 “見ている話(宮川)” の続きを読む

おかげさまで、無事、


無事、初日が、 “おかげさまで、無事、” の続きを読む

えっと。すいません、

喋っちゃいました、すいません。 “えっと。すいません、” の続きを読む

本日照明作りwith山梨谷梨

今日は稽古がなく、ORSにて照明作りに勤しむ一日でした。だが、悲劇的な出来事があり、 “本日照明作りwith山梨谷梨” の続きを読む

衣装合わせ「小さな声のおともだち」

稽古順調で、 “衣装合わせ「小さな声のおともだち」” の続きを読む

小さな声のおともだち


11月公演のお知らせです。 “小さな声のおともだち” の続きを読む

ご挨拶

お知らせの動画です

宮川賢、セキュリティ木村、山梨谷梨の三人がお知らせの動画をアップしました。よかったら見て見てね★
公演「鴻幹、下戻で温泉ウハウハ」は9/30(日)に大塚レ・サマースタジオにて! 3000円で前売り中!
前売り取扱はビタ店にて! 来てねーっ!

稽古/事実/創造物/仮定/掃除★愛LOVE

いよいよ日曜日! アトリエ公演「鴻幹、下戻で温泉ウハウハ」はいよいよ9月30日(日)となりました。 “稽古/事実/創造物/仮定/掃除★愛LOVE” の続きを読む

9/30「鴻幹、下戻で温泉ウハウハ」上演急遽決定!

急遽決定!

浜岡プロデュース★リーディング風公演
鴻幹、下戻で温泉ウハウハ
作演出=宮川賢
出演=奈良俊介、宮川賢、山梨谷梨、セキュリティ木村、他
会場=大塚レ・サマースタジオ(豊島区北大塚3-25-16伊納ビルB1)tel.03-3916-2430
料金=3000円(税込)
前売=ビタ店(http://v-mise.com)

1日限りのリーディング風(新作)公演!


地元愛が強く弁の立つ変わり者、白鳥鴻幹の人生をそのままリーディング公演で表現しようと思った青森出身の俳優(奈良俊介)とお堅く優等生的な作品を毛嫌いする演出家(宮川賢)の二人が譲らずに事を運ぶと、当然生まれる摩擦があり。それを消滅させる努力をお互いがすることなく公演日を迎えれば当然ヘンテコな事に陥る危険があり。


登場する鴻幹の話は半分以上が真実であると同時に、主人公俳優と演出家の考え方も半分以上真実であるという虚構の上に陳列された真実をリーディング風味の演劇でご紹介。


色々な都合で(これまた真実絡み)1日だけのコッソリ公演。是非お見逃し無く。ORSにてお待ちしております。

ビタ店で発売開始!

前売りチケットは「ビタ店」にて販売開始しました! 急に決まった公演ですが、お時間ある方は是非いらしてください。お待ちしておりまする~。

発見あるのよね

本日は午前に「ペンタと私」の稽古。石川さんと二人で。主題歌のメロディを聴いてこれまでのいろいろな事がぶっ飛ぶ体験をする。ここまで出演者から元気づけられることって演劇ではなかなか体験しがたい。創作者の力はどこまでも嫉妬しちゃうね。うーむ。と、まぁ、僕は色々感動していたのだけれど、石川さんは、歌うシーンでの「役で歌う」って作業や「歌った後だけど台詞」みたいなことへの戸惑いが激しく猛省してスタジオを後にした。発見が多いです。本当に。創作活動の発見って常に新鮮で常に怖い。不安だし愉しみ。

例えば、放送局って会社があってさ、テレビ局でもラジオ局でも、ディレクターって立場の人がいる。まぁ、もはやラジオ局はディレクターって社員が作らなくなって来てるけど(涙)、入社して最初に現場につく人はADからディレクターになってAPになって、と出世双六があるよね。で現場の担務以外に僕ら外部にはよくわかんない肩書き変更での出世ってのもあるでしょう。

そんな中、かつて一緒に番組を作っていたディレクターが管理職になったりするワケで、そうやって考えるとずっと同じ立場にいるってのはなんだかもんのすごく「留年」してる気分にもなるわけさ。幼虫のままずーっと年を取っている感覚ね。すべき成長をしていないずるしてる人生っていうか。でもそれは裏を返せば、フリーだからこそ、ずっと現場にいられる幸せって事でもある。実際に、ずっぼ現場でいたいからという理由でディレクターから非現場に転勤になる時に会社を辞めて制作会社を作る人も多い。出版社にもいる。

だけど、どこかで現場から非現場にまわり、現場を支える側にならなきゃいけないタイミングってあるような気がしてて。勿論、加齢で得られる表現力も多いからなんとも言えない事だけど、若い現場を支えるのは「現場経験の非現場管理者」でしか出来なかったりするワケさ。いや、わかんないけどね、あくまで想像で言ってるだけだけど。それをみんながみんな現場でいたいからなんて理由で現場に拘泥していたら、立ちゆかなくなるんだろうなぁとね。いや、なんとなく思っただけどです。(だからなんだ)

つまり、創作活動の発見って常に新鮮で常に怖い。不安だし愉しみ。ってのは、それを感じられているのは恵まれた環境なんだろうなぁと遠い目で思った次第。大学卒業する時に、芝居をずっと作って生きて行けたら幸せだろうなぁって思ってたしそれは難しいだろうなぁって思ってたけど、意外と何とかなるね。いや、なってないかもしんないけど。

今回は、「ペンタと私」も「(1+1)×2」もどちらも猛烈に大好きな作品で、よくここまで差がなく愛せるかって自分で不思議なくらい。それはまた、石川さんとの初コンビってのもあるし、奈良俊介さんのはまり役がシビれるキャラクターってのもある。来週金曜日~日曜日が「(1+1)×2」で、その翌週30~4/1が「ペンタと私」是非見に来て下さいませませんっ!

ちなみに、おいらが大好きなキャラクターは、どちらの作品でも「登場しない」キャラクター。ペンタと私の出演キャラクターでは、ペンタの彼女役のカコちゃんってのが、台本書いてる時から可愛くて可愛くて好きで好きで仕方なくて。先日のOKA(トークライブ)の時もステージ上でずっとカコちゃんの事ばっかり考えてた。実在しない人に恋をする。自分が作ったキャラクターに恋をするなんてことがあるんだなぁ。あー、気持ち悪っ。

なんだべ。例えば成人漫画書いてる漫画家さんが自分の描いた絵をおかずにマスターベーション出来たりするものだろうか? なんかそういう無意味なインブリードというかマッチポンプっていうか若干不思議かつ不気味なワールドに近い経験だったよ。劇団旗揚げ2回目の公演は「リビドー」って作品で、彫り師の物語(当時は裏街道カリカチュアというシリーズ)。ある男の背中に掘った天女に恋をした彫り師がその天女に会いたくてそのヤクザを追いかけ回すセックスファンタジー。まさか自分がそんな事になろうとは。

そしてそのカコちゃんを演じてくれたのが(声の出演)岡田ちほで。彼女は「ブラザー・リコのジパング大逆転」再演に出演したりしてくれた当時18歳の女子。もはや二十代の大人の女子になっていた(あんま変わってなかったけど)。岡田がキャスティング出来た時は「貰った!」と思ったけど、大好きなキャラクターだから、岡田と久しぶりに会った時もなんだかドキドキしていた(なんだかなぁ)。TBSラジオでつい数ヶ月前に「二択deデート」出演して貰ったばかりなのに。

そして(1+1)×2の登場人物で好きなのは、ほんの少しのエピソードしか出てこない角谷京子さんってキャラクター。んもー、なんなんだ、この人は。可哀想だし、くだらないし、でもきっとそういう人いるだろうしってんで、そんなキャラクター設定にしちゃって角谷さんゴメンなさい(って実在しないけど)。

さて。ともあれ、もっともっと作り込んで拘り倒してやるっ。と鼻息荒い午後でした。あ。ホワイトデーだ。あいつになんかやらなきゃ(言うだけ)。