ありがとうございました

劇団ビタミン大使「ABC」公演
『ヒポクリティカル・アイランド 根人(ニーッチュ)とガッジョと豚の狩人』
無事千秋楽を迎えることができましたicon:face_self-conscious_smile
共演者の皆さん、スタッフの皆さん、劇場の皆さん、そしてお客様。
この公演に関わって下さった全ての皆様に感謝の気持ちを込めて・・・・
ありがとうございましたicon:hearts
昨日まで毎日40人近くの人と接していたので急に人恋しさマックスの大津ワインでございますicon:rainy
打ち上げでは、青沼役の小曽根くんとゲン役の松田くんにベッタリしてしまい・・・・・・。
申し訳ありませんicon:face_embarrassed
酔ってたからですicon:ecstoramation
酔ってたからなのですicon:ecstoramation
2人とも優しいから嫌な顔せず・・・・・多分・・・・・接してくれて・・・・・・。
優しい奴らですicon:heart_shake
もう、「そだね~」が聞けないのは淋しいのですが、確実に私の流行語大賞でございます。
多かったので全ての方と深くお話できませんでしたが、もう本当に良い人だらけで楽しい座組でした。
本当にありがとうございましたicon:face_self-conscious_smile
今回大津メンは常に笑ってる役でして・・・・・・。
顔のシワ増えてんじゃねicon:questionなんてことを気にしております。
劇中に若者に飛ばされるトコがありました。めちゃくちゃ楽しかったのですが、何回か舞台ツラギリギリまで飛んでしまいました。最前列のお客様、びっくりさせて申し訳ありません。
そんな常に笑ってて、乾杯の音頭にも使われてるシュペールという役。
8歳です。
初日なんてヒゲありましたけど、8歳です。
脇におけ毛ありましたけど、8歳です。
演出家から年齢がどれくらいというのを聞いてないので、勝手に決めました。
役を掘り下げるのは役者の仕事です(笑)0・01%くらい役者っぽいことをした私。
新人劇団員藏光に「えー?」などと言われましたが、8歳です。
劇団員最年少の藏光の役ミシトーより年下でございます。
ウルザ、ミシトーの弟です。
そういえば、ご来場下さったお客様で気がついた方いらっしゃいますか?
当日にお配りしたパンフレット。
私のところ。
豚追い姉、妹ときて・・・・・・・大津ワイン。
となっています。
なので、パンフレットに沿った書き方をすれば、
大津ワインの役シュペールはウルザ、ミシトーの大津ワインということになります。
何がなんだかです。
明日は稽古場で後片付けがあります。
これで本当に終わりでございます。
駐輪場という看板に後ろめたさを感じてしまうこの数ヶ月・・・・・。
チューリン場・・・・・・・・。
ラクンドならチューリン場って・・・・・・・。
チャイします。
大津ワイン

ワインでございます。その50

記念すべき50回目を迎えました。大津ワインでございます。2年間で50。少なすぎます。そんな不精者の私の元に心強い助っ人が現れました。マイダーリンです・・・・と言いたいところですが、違います。こいつです。
助っ人.JPG
実に頼もしい奴でございます。と、これまた言いたいところですがこいつの実力の100分の1も私は理解していません。
なにせこの画像を貼るために何時間費やしたことでしょう。関東近辺の皆さまには電車で直接見せに行った方が早かったのは事実です。
超機械音痴なのです、私。パソコンを買いに行った時など恥ずかしい限りでした。秋葉原で周りから白い視線を浴びながら質問しまくりました。まず、WindowsとMacの違いから質問し、OSC?PU?いまだによくわかっていません。そうなったときの私の決め手は社会心理学です。宣伝効果に頼ります。山下智久か木村拓哉か、玉木宏かでしたね。皆さんなら誰を買いますか?卑猥な質問でした。誰を選びますか?
詐欺師か総理大臣か鹿男かです。悩んだ結果山Pに決めました。田村正和付きです。詐欺師と刑事を選択しました。そんなこんなで一昨日インターネットができる環境になり今にいたっているのであります。長かった。実に長かった。すでに10回くらい試していたのですが、書いたと思ったら消してしまうという何やら訳のわからないことを繰り返していました。大学でパソコンを習ったはずなのに。今更ながらなんと無益な時を送っていたのだろうと反省しています。
しかし、なんとかここまでこぎつけました。画像のアップの仕方もわかりました。これからはバンバン画像を載せていこうと思います。今後とも大津ワインのブログを見て頂けると幸いです。次回は、我らが座長宮川が客演しているお芝居についてのご報告です。(つづく)