「ペンタと私」宮川&石川挨拶VTR


石川よしひろそろそろソロACT「ペンタと私」
いよいよ今週末「金曜日」から「日曜日」。
年度を跨ぐ公演「ペンタと私」はSSWの石川さんが未知の世界へ挑戦する第一歩。
齒50にして大きな冒険の旅に出ました。寝言が激しく、うなされる日々。
そんな強烈なプレッシャーと戦っている割にかなり脳天気な演技を展開する石川さんを、是非観にいらしてください。お待ちしております。


前売はビタ店(http://v-mise.com)にて。

浜岡プロデュース▲石川よしひろそろそろソロACT「ペンタと私」
作演出=宮川賢
出演主題歌作曲歌唱=石川よしひろ
会場=大塚レ・サマースタジオ(豊島区北大塚3-25-16)tel.03-3916-2430
料金=4,000円(税込)
前売=ビタ店(http://v-mise.com)
期間=2018年3月30日(金)~4月1日(日)
開演=30日(金)19:30/31日(土)13:00/1日(日)13:00と19:30(計4ステージ)

出演者コメント映像公開でごわす。

映像アップしました

稽古順調。さすが奈良俊介さん。奈良チャボから改名しただけの事はある!(失礼ねっ)

そうです。二日目の稽古が終わった時に映像を録画しましたが、公開忘れてました。あ、OKA(大塚カル~クAfternoon)では編集して紹介しましたが。
台詞の量が多い芝居は、なんとも頼もしい奈良さんです。この人がいれば、宮川は出演しなくていーや!てなことまで言ってました。なんだかなぁ(汗)。

これは、山梨谷梨のコメント。この男は、小道具製作を担当しております。そして今回の芝居の中で男性自身を出す役がある。でも出しちゃうと逮捕されちゃうので、小道具的なもので作る事にした。公然わいせつで逮捕とか困るからね。いや、お客様が言わなければ逮捕されないかもしれないけど、そういう問題じゃないですしね。で、その男性自身を作製させられた山梨劇団員のコメントです。これまたなんだかなぁ。(汗)

これは関係ないです。映画「ガッジョ・ディーロ」の予告編。ん? どこかで聞いた事があるような。そうです。「ガッジョ」は、ヒポクリティカル・アイランドのサブタイトル「~根人とガッジョと豚の狩人~」のガッジョです。ガッジョ・ディーロ(=よそ者)。ロマの映画です。トニー・ガトリフの映画は、大好きで大好きで仕方ない。あと「トランシルヴァニア」もね。ロマという立場の人たちは消えるべきして消えていくなかにいるのか?いえいえ。もっとクローズアップされていい。迫害され続けてきたのは、ロマなんだ。(まるで今月の公演とは無関係)
「ヒポクリティカル・アイランド」の公演が終わったら手放しちゃったなぁ、DVD。取っておけばよかったぁ~!と思うトニー・ガトリフ作品群。ぐっすん。

石川よしひろそろそろソロACT

これも絶賛稽古中。石川さんはシンガーソングライターですが、ちゃんと演劇への造詣も深く、舞台俳優としても活躍中。劇伴も作ったりと演劇人は知人も多い。そんな中、突然、挑戦する一人芝居。是非ご覧あれ。声の出演では、宮川賢、奈良俊介、岡田ちほ、池田葵、ら、劇団の公演では何度も出演してくれている客演の役者さんたちも含めて出演してます。ご期待下さい!

14日初日だすね。

宮川賢です。稽古順調で、この時期に下痢をしないという非常に恵まれた環境にあります。こうやって考えると、下痢は「自分が台詞を覚えられないからなっていただけ」なのではないか?と思えてくる今日この頃(ううむ)。

奈良俊介分する柊は恋愛を研究していた学者だったが、今は企業コンサル。そしてその立場を追われて隠れなければならない状況。物語はそこからスタート。

怒ると怖いのに、いつもニコニコしていて笑うと猛烈に愛嬌がある碧戸結香嬢。もう、この稽古でも心底「生まれ変わっても女優とはつきあわないぞ!」と決意させられた。ああ、怖い怖い。←やらせてて失礼(汗)。

大内美佳さんは、更に若くて20歳。体調悪そうにしてる時も肌がつやつやなのが「すげー」とおっさんぽく思う也。不器用そうに見える所は「今作では得をしている」と演出は思う。

山梨谷梨。先日トイレにいた変な虫をすげー顔をして捕まえていてくれたので、ありがとうと誰か会ったら伝えておいて下さい。あ、明日会うから、自分で言います。気が向いたら(←なんだそりゃ)。

moby「Porcelain」


劇団ビタミン大使「ABC」presents
トラックと海
作演出=宮川賢
2017年9月14日(木)19時開演
15日(金)19時開演
16日(土)13時開演
17日(日)13時開演/17時開演
18日(月祝)13時開演
出演=奈良俊介、碧戸結香、阪田智靖、山梨谷梨、大内美佳、宮川賢(声)
会場=大塚レ・サマースタジオ(豊島区北大塚3-25-16伊納ビルB1)tel.03-3916-2430(ファックス共)
前売=ビタ店
料金=3000円(税込)

いよいよ来週!

来週上演!

アトリエ公演「トラックと海」いよいよ来週上演とあいなりました。チケットはまだ全ステージ空席ありますので、是非、この機会にご覧下さい。

沿革というか概要

劇団ビタミン大使「ABC」アトリエ公演
「トラックと海」
作演出=宮川賢

概要=
 恋愛の行動原理を研究する大学教授だった柊静朗(奈良俊介)は、大企業の人事コンサルを担当して一躍時の人となった。それは社員の恋愛を管理することでモティベーションを上げ業績アップに繋げたからだ。大人数の企業は右に倣えで同様に業績アップ。だが恋愛を管理する事は問題ないのか、それとも倫理に悖るか? 避妊具で人の誕生や人生を管理して良いなら恋愛を勤務先の管理下において差し支えないと見るべきか? 恋愛はどういう状況でも成立させられる無限のパワーを持つものだ。それを企業の売上の為にコントロールしていいものか。
 柊のやり方の不整合をついて台頭してきたのは、かつての教え子で不倫相手だった笠原未玖(碧戸結香)。女性目線での恋愛管理で更なる飛躍へ繋げたいグローバル企業の国見グループだが、国見社長(宮川賢・声)が個人的に異性としての笠原未玖の魅力に惹かれていたら……?
 禿げていないのに必ず禿げる筈だと親からハゲオと名付けられた泊崎ハゲオ記者(阪田智靖)は、国見グループのスキャンダルを追い続ける中で不可思議な事実を知る。加えてマスコミとはいえ立ち向かうには大きすぎる的を新人の泊崎が命ぜられた真相は何か? 笠原未玖の女性としての魅力の虜になると冷静な判断が出来なくなると危険視してソープランドに通い続けて自分を保とうとする厚井弁護士(山梨谷梨)は、柊静朗の顧問となって暗躍する。
 柊のやり方が世間に広まった事による弊害で転落人生を歩むユミピー(大内美佳)は、それでも柊のことを愛し続ける。


「恋愛の充実が仕事を充実させ、仕事の充実が恋愛を成就させる。なのに公私混同を否と見るのは如何なのものか?」
と大見得を切って、恋愛管理の必要性を説いた柊の挑戦は様々なモノを玉突きで動かし始めた……。

女優がえれー

出演者の中で、奈良俊介さんがまたまた膨大な量の台詞を覚えさせられて(彼に限らないが)圧倒的な密度で高圧滑舌マシンと化すのはいつも通りですが、女優さんがエレー魅力を帯びてて稽古で宮川は唸るばかりです。碧戸結香さんは「宮川賢のデートの時間でそ?!」の「二択deデート」でダントツ人気を誇る「文学少女みすず」を演じているので理解の範囲だと思いますが、そんな彼女も25歳になりました。碧戸さんも22歳の初手合わせ(「耳に息」)の時にも女優ってこえーなーと思ったものですが、なんとあの時の碧戸さんより若い若干二十歳の女優「大内美佳」嬢が出色です。
 恋愛を理屈で考え分析しようとして、尚且つそれをほぼ完遂しちゃった教授と恋愛コンサルの二人(奈良&碧戸)。なのに恋愛というものをただの自分の気持ちの変化としてしか捉えていないような不思議な感覚(とはいえ本来人はこういうもの)の女性が大内美佳演じるユミピーです。簡単そうで難しい自然体を自然すぎずに演じさせられるという難易度マックスに挑戦している大内美佳のアトリエ公演ならではの「目の動き」や「掴める心の機微」や「吐息」を感じてみて下さい。稽古場で「あー、生まれ変わっても女優と付き合うのは絶対にやめよう。こえー」と訊かれてもいないのに嘆息した演出としての僕は、ますます女性不信になるのでした(なんのこっちゃ)。
 そんな出演者は以下のメンバーです。

出演=奈良俊介、碧戸結香、阪田智靖、山梨谷梨、大内美佳、宮川賢(声)
 僕宮川も大きな役で声だけですが出まくってます。出て女性の色仕掛けにやられるエロ親父を舞台で演じれば良かったぜと思う事もしばしば(でも怖い←いやいやホント←聞いてない)。

スケジュールは、

期間=2017年9月14日(木)~18日(月祝)
開演=14日(木)19時
15日(金)19時
16日(土)13時
17日(日)13時、17時
18日(月祝)13時
会場=大塚レ・サマースタジオ(豊島区北大塚3-25-16伊納ビルB1)tel.03-3916-2430
JR大塚駅北口下車徒歩6分
料金=3,000円(税込)
前売=ビタ店(http://v-mise.com)

口上

 考える必要がない事を悩んで考えてしまうのが人間の可愛らしい要素ですが、特に恋愛においてはそうかもしれません。異性は星の数ほどいるのにその相手に拘泥して我を失いがち。と思えば、まるで失恋に痛手を負わずに次へ次へと恋愛をメドレーで楽しめちゃう人もいる。一言で説明しづらいのが恋愛の魅力です。それを一律で管理しようとした場合にどうなるのか? という所から台本を書き始めた芝居です。

来てね

 今回も再演の予定はありません。てか出来ないだろうなぁ。今のこの役者さんたちじゃないとね。この機会にお見逃し無く! ORSにてお待ちしております。

本日稽古中

今、「トラックと海」稽古中です。それぞれのキャラクターが両輪ともレールの上に乗ったので、あとは漕いで走るのみ!という第一段階クリアの役者陣です。

芝居は書いている時には思いもよらない魅力を役者がプラスしてくれるのでそれは稽古場で見つける事が出来ると予想外の刺激になりますね。描写出来る範囲は狭いけれど、でもちゃんと性格や背景をしっかり把握して自分のものに出来ていないと説得力が出ないのや役でありんす。読んで台詞を覚えている段階ですでにそれを掴めちゃっている役者が多いのも頼もしい限りです。

今日は寝る前にエイミー・マンを聞く事にします。こんなカンジ。

日曜日は、

そうそう、日曜日は「大塚カル~クafternoon」です。15時開演。来てねっ!3000円で当日券あります。夏は色んな所に行ったので編集大変だーあんっ!(^^;)★

大内美佳(挨拶映像)


出演者ご挨拶「大内美佳」篇

恋愛を制御出来れば売上はアップする。企業内での社員の恋愛を私生活を管理することで業績を上げようと企んだ国見ホールディングス社長(宮川賢)が目を付けたのは、恋愛社会学の第一人者の大学教授だった。恋愛を理屈で制御しようとする社会で、今なお「恋愛らしい恋愛を」特にきにせずしているのが大内美佳演じる「ユミピー」。
公演は9/14(木)~18(月祝)。大塚レ・サマースタジオにて。
ぜひ、いらしてくださいね。

9月に公演やります。

なんとも色々な事があって遅々として進まなかった劇団の公演ですが、ようやく9月に出来そうです。出来そうってのも、自分次第で、ちゃんと台本書こう!てな事です。

台本書く為に、というか、書く、という事も含めて、東北ツーリングに出向きましたが、走ってばかりでまるで書けなかったので、(とはいえ構想は頭の中でぐわぐわと広がりを見せましたが)日曜日のTBC夏祭り「宮川賢のまつぼっくり王国」の公開収録が終わったら、集中して進めようと思っております。苦しいけど楽しい作業なので、今から楽しみです。詳細は近々ここにて告知しますが、もう少々お待ち頂きたく。

というわけで、本日の一曲は。こちら。

Oddisee[NNGE]
ああ、かっこいいっ!(T_T)またねっ!

3/5(日)と4/9(日)ですっ!


久しぶりの劇団サイト更新です。先日これまた久しぶりに劇団員の山梨に会いました。山ちゃん太ってた(汗)。お前、太ったんじゃない?と言ったら「ぐうたらしてました」とほざいてた。なんだかなぁ。まあそれが山ちゃんだな。うん。(知らないけど)

さて、トークイベントまたまたやります。まずは、3/5(日)15時開演で「大塚カル~クAfternoon~僕たちのチャレンジ~」がありまして、その準備はなんとか完了した所(あ、映像の話ね)。準備する映像はいつも考えさせられると同時に、どうしてこう無駄に頑張ってしまうのだろうと思う事しばしばだけど、まぁ仕方ない。作品を作るってのは、なぜか魅力的で夢中になってしまう。へんなの。

で、その翌月のつまり4月の大塚カル~クAfternoonが前売り開始になりました。上記の「ビタ店」で購入出来ます。良かったら是非。

関係ないけど、omnisphere2購入したよ!すげーなどーでもいいけど。

今年最後のトークイベントやるざんすよ

発売中!


トークライブ

またまたやります。2016年最後の「大塚カル~クAfternoon~2016年総括篇~」!
大塚レ・サマースタジオにて。12時11日(日)15時から。3000円で発売中です、来てね!
img_0509
こんなぼろいカバーは買い換えました!
そして、去年の総括篇はこんな同じでした。