立ち稽古スターティング

演出の宮川です。立ち稽古が始まりまして。
少しずつ、雰囲気を伝える事が出来て来て、安心し始めている状態です。
芝居の稽古は、演出がハッキリしたイメージを持っている場合、それに近づける努力をする為に、役者が適当に台詞を並べて出来上がりとするような(それを悪いとは決して言わないですが)作り方とは違う為に、つまり「役者任せ」ではない為に、演出の思い描く完成形と役者が考える青写真とのギャップを埋める作業が時間の大半を占めますよね。
勿論、役者の中には、


青写真を持つものの、それを自分の体で具現化出来ない人もいたりして、それが面白い部分なんですが。
なので、稽古開始当初は、完全なる誤解があるので、それをしらみつぶしになくしていく作業が必要になる。役者の中には「演技」の中に「どう解釈しているからそうなっているのか」がまるで判らない人もいるので、台詞が入っていないからそうなっているのか解釈していることを出来ていないからそうなっているのか、それとも解釈そのものが間違っているのか判じかねる事があって。でも、解釈すらしていないような、テキトーに台詞を言ってるだけなのにスゲーいい演技!となる人もいるのでこればっかしは何とも言えない。本人の魅力ってヤツも加わってきますからね。
今、差異が沢山ある時期なのですが、それを埋める為に指示をします。本番に近づいた時に、ここで指示した方向は少し違っていても大きくずれてしまう場合がある。その為、ここいらを慎重にしないとね。
そんな中、差異を埋めるやりとりをして色々やって貰うワケですが、いろいろやってても、それが上手く出来ていないのに「面白い」というワケわからん事態になることもしばしば。本日はまさにそれで。とある女優ととある男優が面白くて仕方なかった。ああ、なんというお楽しみ。出来ていない事がストレスにならないなんてなんてコミカルな出来なさっぷりなんだw
と面白く。
不思議な体験でございました。これもまた稽古の妙味。役者の魅力って色々な所にあるからね。それをどのように抽出して舞台にプラス要素として乗せられるかは演出次第なのでしょうけれど。
ともあれ、稽古、頑張ります。良かったら観に来て下さい。ビタ店で販売中でございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください