動静(7/20-26)

日付 曜日
7/20

祭日。頭が疲れていたので、秋公演の台本書きを途中で切り上げ、ツタヤに行く。そういや、ツタヤの会員になっていない。会員になって、クライマーズ・ハイとそれでも僕はやってない、を借りる。夜中一気に二本観る。この歳になると、映画を観るとかつての芝居仲間が沢山出てくる。テレビは事務所の営業力がモノを言うが、映画は「監督のこだわり」がまだ多少は残る。つまり、客寄せパンダではなく「いい作品づくり」を優先した「素敵なキャスティング」が多い、と思われ。中でも僕が気に入ったのは「それでも僕は~」の小日向さんの前に担当していた裁判長役の正名僕蔵。宮沢さんの芝居か?共演した事がある。素敵なキャスティングだった。実際は、外人の男とつきあっていたりしていた癖に(笑)。←嘘。

7/21

昼間、会社に行かずに家で仕事。その後、二年前からご飯を食べようと言ったまままるで実現していない友達とようやく会食。お互いに都合をつければなんとかなるもんだ。で。飲む。食う。夜中まで騒ぐ。声嗄れる。でも、美味いモン食ったからいーや。

7/22

会社で台本書き。といっても芝居ではなく。仕事の(汗)。そして、27日のチラシ写真撮影の件で各プロダクション様に電話連絡。及び、ワークショップの準備。夕方18時に客演芝居で一緒だった女優と待ち合わせてお茶をして、一緒にパーティに参加。誰か女性を伴った方が良さそうなパーティだったが、誘う相手に難儀した挙げ句、苦し紛れに頼んだらオッケーで嬉しい。でも、この人とも会うのがド久しぶりなので、パーティの前にお茶することにした。で、パーティ。なんだか解らないけど、異文化交流。渋谷のBIZURIで飲む。食う。喋る。終電の時刻になり、ふと思う。おっ。ジョン・オコーナーのダンスイベントはこの後数時間後だ。しかも、ここのすぐ近くだっ! ということで、ジョンに電話してみると、「あ。ぜひ、来てくださーい」とのこと。言ってみよう。というか、ここまで近くて行かないのは悪い気がする。宇多田ヒカルのモノマネでお馴染みミラクルひかる嬢と潜入する。が、大混雑なクラブnuts。しかもひかる嬢携帯の電源切れてて遭遇出来ず。ジョンはカッコヨカッタが、ジョンも僕も探したものの、お互い見つけられず、会えず、一人タクシー帰宅。

7/23

昼間は会社。雑務を丁寧にこなす。雑務ではなく、丁寧務だ。18時。ワークショップ(b)の初日。これまた僕の願い。一人でも多くの人に腹式呼吸での発声を覚えて欲しい。デカイアンプを持つ役者になってほしい。そのため、丁寧に、それでも時間がまるで足りず、発声に時間をかけてやってみる。女子の腹を触って「ほら、ここをピクピクするようにっ!」なんてことがセクハラになるので、出来ないがヤキモキ。自分の腹を触らせて、ほら「ピクピクしてるでしょ?」これもセクハラなので断念。嗚呼。終わってそのままニンニンちくび。久しぶりにマナティに会う。

7/24

昼間にTBCの収録をする筈が変更になったので、芝居のプロット堅めの為の一人会議。頭で色んな自分が色んな提案をし、それをまとめる別の自分がいる。

会社に行くと、劇団員の福田が働いている。細かい指示をしていたつもりが時間を奪ったようでなんだか悪かったような気もしつつ。

で。ワークショップ。近くのオモニ食堂に食事をしにいった時に、「どんどん酒」をメニューに見かけたので、行ってみたかったのであります。前回のワークショップの時から新人の須山と約束をしていたので、終わって行ってみる。サムギョプサルとトッポギ、卵チム、ネギサラダ、なんてものを食べながら「どんどん酒」を飲む。どぶろくみたいなものです。ああ。でも、微発泡ではなかった。やはり、韓国でしか飲めないのか。残念。むぐう。だが、サムギョプサルは美味いのなんの。とはいえ疲れているので、鼻が詰まる。腹イッパイになり、グダグダになり帰宅。なのに、大泉学園から20分を徒歩で帰る。

7/25

TBSラジオで生放送。終わってすぐに移動してワークショップ。

7/26

朝から用事で馬込に行く。炎天下のフルオープンのjeepは気持ちいい。会社に行き、電話数本。ワークショップ最終日。お疲れ様でした。色んなタイプの人と出会うのは、こちらも勉強になります。終わってから、須山と月曜日のチラシ撮影の為の準備。白いスクリーンを張ったりと。彼が帰った後も、僕一人で明け方まで会社で翌日出演者の皆さんに配る稽古スケジュールや公演企画書を入力及びプリント。明け方帰宅。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください