W杯優勝おめでとう!

プロフリークライマー野口啓代さん。

何しろ大好きな人でして、


普通の美人の女子なのに、世界一。ボルダーがかっこよくてかっこよくて。
先日のワールドカップLaval大会の圧勝はシビれました! ダントツの強さ。

「まさかの4連勝で最終戦を飾れました。
大会前、体調を崩していたのでフランスに入ってからはある意味力が抜けていいクライミングができたと思います。
そして2010シーズン以来4シーズンぶりに年間総合優勝も達成できました。
シーズン途中から少し意識をしていたけど、それよりクライミングを楽しむことだけを考えていたのが良かったんだと思います。
昨年は1勝もできず、勝ち方を忘れてしまったのではと思うこともありましたが
自分のクライミングができれば結果がついてくることを実感できたワールドカップでした。
応援ありがとうございました。
次はリードのワールドカップがありますが、8月の世界選手権が今から楽しみです。
次は7月11-12日にフランス・シャモニーで開催されるリードのワールドカップに出場予定です。
引き続き応援よろしくお願いいたします。

というのが彼女のブログにあるコメント。
彼女が、粉を弄りながら、ルートを探して岩を見続けている姿は、全盛期のロナウジーニョがフリーキックを蹴る前の表情を見るときと同じく、キュンときます。そして、ルートを見極めた彼女が、フッとこちらを振り向いて「じゃ、いきまーす☆」と言って登り始める。そして必ず「やって」くれる。特に、今は一番ノッてる時みたいで、目が離せません。
nogutiakiyo01.jpg
↓これは、美人クライマーが多い世界だから出来る芸当ですなぁ。
noguchiakiyo02.jpg

これはクライマーによる癌撲滅・対策研究費チャリティーの慈善団体CAC(Climbers Against Cancer)がチャリティーを目的に製作したカレンダーの写真。
 イギリス、アメリカ、ドイツ、オーストリア、フランス、日本の女性クライマーが文字通り「一肌脱いだ」写真でカレンダーを製作したもの。カレンダー販売による収益は全額、国際癌研究基金に贈られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください