カンピオーネ!

champion2010.jpgスペインがワールドカップ2010で優勝した。

kasi-jas.jpg
 
 
 なんともウレシイことです。20年ぐらい応援してきたFCバルセロナはその都度、何度かスクデッドを獲得した。レアルの宇宙軍団(ベッカム、ロナウド、ジダン
 
 フィーゴ、ロベカル、ラウール)の頃はやられまくったけど、その後は快調そのもの。クラシコでも怨敵レアルをギャフンと言わせる機会が多い。CLも優勝してる。6冠に輝いたりそれは申し分ない。だが、「スペイン代表」としての活躍は停滞していた。無敵艦隊と言われてグループリーグで敗退したり、散々なワールドカップだった。だが、ユーロ2008で優勝してから、スペインは自信をつけて、勝者に相応しい貫禄も身につけた。

バスクとカタランの民族抗争が「代表」をまとまらせないのでは? の見方もあった。実際にそうだったのかもしれない。しかし、このワールドカップでは、準決勝でドイツの猛攻撃を凌いだGKカシージャス(レアル所属)のもとへ、バルサのシャビが、イニエスタが、ペドロが駆け寄った。レアルを指揮していたビセンテ・デルボスケ監督を優勝した後に選手達が胴上げしていた。これにより、クラシコの伝統の一戦が甘くなることはないだろうし、代表は代表、クラシコはクラシコ、のままだろう。だからこそ、ウレシイ優勝であります。

 ゴールを守ったカシージャスは、決勝でのイニエスタのゴール直後に顔を覆って泣いていた。

ここでは、珍しい恋人と戯れるカシージャスを紹介しよう。まぁ、優勝したんだから、いーじゃないか(笑)。そして、活躍したもしくは活躍しなかった選手達iniesta-and-girl.jpgbusuketu.jpg
hesusunabas.jpg

pike.jpg
kapudevira.jpg

puyol.jpg
seruhioramos.jpg
vija.jpg
sesku.jpg


tores.jpg
XabiAlonso.jpg
xavi.jpg

pedro.jpg控えまで超豪華。日本の考え方で言うと、「海外からお声がかからない」選手は、十人並み、と見えるかもしれないが、スペインは逆だ。リーガ・エスパニョーラで活躍出来るスペイン人こそ偉大なるフットボーラーなのだぁ。


delboske.jpg監督・デルボスケ。コミカルな顔で人気者。そして、どうしても気になるイニエスタのゴール直後のパフォーマンス。確信犯でイエローカードを貰った「ユニフォーム脱ぎ」。その下着に手描きで書かれたメッセージ。あれは、

「DANI JARQUE SIEMPRE CON NOSOTROS(ダニ・ハルケ、僕達はいつも共にある)」

というものだった。


ini-dani.jpg

ダニエル・ハルケ。享年26歳。去年の夏8月8日に合宿先のホテルの部屋からガールフレンドと電話でお喋りをしていた最中に突然会話が途切れた。ガールフレンドが心配になってチームに連絡をとって部屋にいくと彼は倒れていた。そして、そのまま帰らぬ人となった。エスパニョールはイニエスタ所属のFCバルセロナと同じく「バルセロナ」を拠点とするチームで、イニエスタはU21とかで(確か)ダニと一緒に戦ったいわば親友同士だ。

チームを超えて親しくしていたダニと一緒にワールドカップで優勝したかったイニエスタの願いは叶わなかったが、きっとダニは喜んでるだろう。こんなに上手いのに、前線にボールを運ぶ事に終始して滅多にシュートを放たない職人イニエスタは、大胆かつ繊細な天才肌だ。控え目でお馴染みの彼のイエロー覚悟のこのパフォーマンスから執念がうかがえる。10年前に、Jスポーツの解説で倉敷さんと金子さんが「すんごい選手が出てきたらしいですねぇ、バルサの下部組織から」とイニエスタのことを騒いでいた。「早く一部リーグで見たいですねぇ」来る前からこの天才のことは噂になっていて、ワクワクしていた。その期待を裏切らない活躍でイニエスタは成長し続け、そしてついに。スペインを初めての優勝に導いた。

イニエスタのゴールといえば、チャンピオンズリーグでのチェルシー戦の値千金のゴールがお馴染み。イニエスタのゴールといえばそれとこの決勝点の2ゴールしか頭に浮かばない。でも、ここ一番で僕らの記憶に残ってる。ハゲだし変な顔だけど、本当にウレシイ。

かくして、ワールドカップは終わった。無敵艦隊というのは小馬鹿にしたような呼び名になっていたスペインが、本当に無敵になった。そして誰にも怪我をさせずにクラブチームに選手を返せる美しさもニクイ。来期はヴィジャがバルサにくる。イニエスタもシャビもブラジルで活躍してくれるだろう。ブラジルで二連覇しちゃえっ★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください