「モダンライフ」


「モダンライフ」
世界最高の写真家集団マグナムフォトに所属し、ジャーナリストとしてピューリッツァー賞受賞した経歴を持つフランスの巨匠レイモン・ドゥパルドン。彼の作品としては日本初公開となる『モダン・ライフ』が6月中旬よりシアター・イメージフォーラムにて公開されてます。
見に行きました。待ちに待ったのでね。最近は、本当に、「ヒーリング系」のものを体が思考が求めるようになったと自覚しています。常に自分をアゲアゲにするように働きかけてきた僕ですが、それはあまりいいことではないのではないか? と、気づいた次第。緊張をとく。そうしないと体の平穏が保てない気がして。そういう意味ではとても素晴らしい体験になります。

Africas: How Are You Doing with the Pain?
アフリカ、痛みはいかがですか? ……というタイトルのドキュメンタリーもこの「モダン~」の前に見た。同じ監督。というかもともと写真家で、映像が綺麗。これまた10年にまたがってとったドキュメンタリー映画で、胸打つものがあった。


10-1.gifTraversing the continent, this piece snaps a picture of contemporary Africa. At first, one might be tempted to call this a road movie but, in the film’s opening sequence, the director’s voice-over tells us that, ” its not a road movie . . . not a piece of investigative journalism . . . . But the sights and sounds of ordinary pains in Africa. ” “The pain ” is an accumulated history, past and present, of agony and oppression; and, ” How are you doing with the pain? ” is for the peoples of Africa a daily greeting. The film begins with a 360 degree pan, looking out across the high ground of hope in South Africa. By way of such places as Angola, Rwanda, Burundi, Somalia, Sudan, and Egypt, it ends with another 360 degree pan shot in the filmmaker’s home in Villefranche-sur-Sa冢e in central France. However, this film is also a conversation between images of Africa’s ” Pain ” and the filmmaker who has seen Africa’s apartheid, starvation, disease, and civil war first hand. In this sense, the film is the director’s own subjective travel diary of his relationship with Africa.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください